オリゴ糖と便秘

オリゴ糖の有用性に関してはよく食物繊維と比べられることがありますが、腸内の菌への栄養価などは食物繊維以上に高いと言われています。オリゴ糖は善玉菌の中でも特に有名なビフィズス菌を増やす役割があり、さらにはビフィズス菌によって発酵を受けて腸内で有用な乳酸や酢酸などの有機酸に変化して健康面に大きなプラスになるのです。便秘の解消対策だけでなく健康面でメリットがありますし、前述したようにダイエットという面でも有効に用いられているものです。

オリゴ糖オリゴ糖を摂取する時間帯も特別限られておらず、朝から晩までいつ摂取しても良いですが、腸の働きを考えると睡眠中が重要な時間帯なので、夜に摂取することをメインに考えると良いでしょう。オリゴ糖もたくさんの種類がありますので、自分が摂取しているのがどんな種類でどんな効果が期待できるものなのかしっかりと確認してから摂取するようにしましょう。一般的なレベルの便が出にくいという便秘症状の方の場合は1日にオリゴ糖を大さじ2~4杯程度摂取するところから始めてみることがオススメです。その程度の量を朝と晩に分けて摂取するようにしてみてください。ヨーグルトなどにオリゴ糖を混ぜて摂取するのもオススメの方法です。